noteアプリがiPadに対応!iPadでつくった作品を直接投稿できるようになりました
見出し画像

noteアプリがiPadに対応!iPadでつくった作品を直接投稿できるようになりました

noteアプリがiPadに対応しました。イラストやマンガ、動画など、iPadはさまざまな創作活動がしやすいデバイスです。今回のアップデートから、クリエイターがiPadでつくった作品を、そのままnoteアプリで投稿できるようになりました。また、iPadの画面にあわせた大きな表示で、ユーザーが作品を楽しみやすくなります。

noteにはさまざまなジャンルの作品が投稿されています。今回のiPad対応は、創作や発信を続けやすい環境づくりのひとつです。作品やクリエイターの多様性を後押しするため、これからもより使いやすいアプリ開発を進めます。

noteアプリのiPad対応

noteアプリは1月18日、ver.5.0.0へのアップデートでiPadに対応しました。具体的には、以下のことができるようになります。

■おおきな画面でユーザーが作品を楽しめる

画像5

■写真アプリから画像をドラッグして、投稿画面にアップできる

画像5

■noteアプリから別のアプリへ、記事をドラッグできる

画像5

画像5

▼具体的な使い方はこちら

▼noteアプリのその他アップデートはApp Storeをご覧ください

iPad対応の背景

新しい生活様式を工夫で楽しんだり、思いを伝えるために、自分で創作をして、発信するひとが増えています。エッセイマンガで日常をつづったり、参加したオンラインイベントをグラレコで表現したり、動画編集にチャレンジしたり。iPadを使って創作をするクリエイターも多くいます。

また、おうちで過ごす時間が増えたことで、ひとびとの作品を楽しむ時間も増えました。おおきな画面で見てこそより一層楽しめるジャンルの作品も、noteアプリで楽しんでほしい。そんな思いから、今回のiPad対応が実現しました。

とはいえ、今回の対応は第一歩にすぎません。アプリでできることをさらに増やすために、これからも開発を重ねていきます。

▼iOSエンジニアチームのインタビュー記事はこちら







最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

オフィスにはnoteから生まれた作品がたくさん並んでいます。
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。