書籍一覧ヘッダ

noteから生まれた書籍まとめ

note株式会社

noteは、クリエイターの方々の創作活動を支援するために「クリエイター支援プログラム」で、多数の出版社やメディアの方々とパートナーシップを結んでいます。

特に「書籍出版」はクリエイターの方にとって、活躍する場を広げるたいせつな出口の1つと位置づけています。

クリエイターの方々がnoteのサービスを使ったことで、次のステージに近づけたり、日常に変化がおきたり、あたらしい仲間にであえることは、なにより嬉しいことです。

画像1

※note placeにも並べて、手にとってもらっています。

投稿コンテンツが話題をよんで書籍化のオファーがきたもの、note社主催のコンテストに応募したら、メディアでの連載がはじまって書籍化されたもの…その経緯はさまざまです。

この記事では、そんなうれしい「noteから生まれた書籍」を紹介した記事をまとめてみました。あの書籍も?と驚くものもあるかもしれません。ぜひ、ご覧ください。

cakesやnoteから生まれた書籍一覧(2013~2015年)

詳細は、以下の記事をご覧ください。

noteから生まれた書籍一覧(2016~2017年)

詳細は、以下の記事をご覧ください。

noteから生まれた書籍一覧(2018年)

詳細は、以下の記事をご覧ください。

noteから生まれた書籍一覧(2019年)

詳細は、以下の記事をご覧ください。

noteから生まれた書籍一覧(2020年)

詳細は、以下の記事をご覧ください。

noteから生まれた書籍一覧(2021年)

詳細は、以下の記事をご覧ください。

※「じつはわたしもnoteがキッカケで本出しましたよ」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。pr@note.jp まで。


※cakesは、2022年8月31日をもってサービスを終了しました。



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!