見出し画像

【掲載情報】潮11月号で田原総一朗さんとnoteCEO加藤が対談しました。

連載対談 ニッポンの問題点(35)
誰もが作家になれる「街」――noteの挑戦
加藤貞顕×田原総一朗

立ち上げ以来、成長を続ける「cakes」と「note」。
なぜ多くのクリエイターが集まってくるのか、その戦略に迫る。

ぜひお手にとってご覧ください。

画像1

田原さんのnoteはこちらです。


最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

「スキ」をもらったお礼に、note社のマスコットをご紹介。
22
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。