見出し画像

にゃるらさんがnoteでつづったエッセイが書籍化!『僕はにゃるらになってしまった』が発売中です

note株式会社

noteで、にゃるらさんが連載した「にゃるらログ」をもとにした書籍『僕はにゃるらになってしまった ~病みのインターネット~』がKADOKAWAから2021年12月23日(木)に発売されました。にゃるらさんは、毎日700字程度の日記をnoteに投稿するなど、日々考えていることや自身のバックボーンについて発信。本書は、ゲームの企画・シナリオ作成やライターなど多岐にわたって活躍するにゃるらさんが、自身の濃い人生についてつづった初のエッセイ集です。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『僕はにゃるらになってしまった ~病みのインターネット~』

Twitterだけで生活している(と思われている)、Twitterにドップリな若者のある種憧れの姿である「にゃるら」。自身の濃い人生を綴った初のエッセイ集はインターネットの「病み(闇)」が凝縮された内容であり、フォロワー同様「何ものにもなれない」一人の青年の苦悩が綴られている……。

ライターとして、コラムやノンフィクションを執筆し、また2018年からはVroidで製作したモデルを利用して活動も……。本項のメイン画像はVtuberとしての「にゃるら」の姿である。

著者・にゃるらさん
1994年生まれ。沖縄県出身。上京後に即大学を中退し、主に家でアニメや漫画・インターネットを繰り返すだけの人生をおくる。オタク。『僕はにゃるらになってしまった ~病みのインターネット~』、『承認欲求女子図鑑』、ゲーム『NEEDY GIRL OVERDOSE』など
note:https://note.com/nyalra2 Twitter:@nyalra

著者・にゃるらさんのコメント

今までnoteで書いてきたエッセイが本になりました。

僕の生い立ちから好きなもの、異常な状態で書いた文章の記録など、一人の人間の赤裸々な生き様を、これでもかと覗き見ることができます。

基本的に、noteはとても使いやすいサービスなので(媚び)、そちらで追った方が早いんじゃないかという気もしますが、たっぷりな書き下ろし含めて、本という形で凝縮された一人のオタクの自意識を浴びることは、めったにない体験となるのではないでしょうか?

どうか、僕の生き恥を読んで、こんな人間にならないよう反面教師としてでも活用していただけると幸いです。

書誌情報

「僕はにゃるらになってしまった」書影

書名:僕はにゃるらになってしまった ~病みのインターネット~
著者:にゃるら
発行:KADOKAWA
定価:1,100円
ISBN-10:4046809868
ISBN-13:978-4046809865
判型:四六判
頁数:194頁

クリエイターの活躍の場を広げる取り組み

noteでは、クリエイターが活躍する場を広げるための取り組みを行っています。具体的には、noteで話題のクリエイターをメディアパートナーに紹介し、出版や連載につなげる「クリエイター支援プログラム」や、作品の露出機会を増やすことを目指した企画やイベントの実施、クリエイターがスキルや実績を表明することで、仕事の発注をスムーズに行いやすくなる仕事依頼タブ機能などです。

さまざまな施策を通して、noteがクリエイターの本拠地になることを目指しています。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。