見出し画像

【掲載情報】withnewsでnoteの荒れない空間、CEO加藤のコメントが紹介されました。

ネットを荒らす魔物の正体 「まとめ職人」の限界と「note」の急成長

「note」にユーザーが集まる大きな理由は「荒れない」からだと言われています。目を引くコンテンツで多くの人の目に触れさせようとすると、必然的に、別の意見を持つ人、批判的な意見の人も集めてしまいます。アテンションエコノミーのサイクルに入ると、金銭的な見返りが優先されるため、「荒れても儲かればいい」という流れに傾きがちです。(記事より)

詳細は、以下の記事リンクよりご覧ください。


最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

note社のヒミツ2:社内にいるLOVOTがたまに迷子になります。
61
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

こちらでもピックアップされています

プレスルーム
プレスルーム
  • 408本

note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/categories/360000051281