見出し画像

noteとSpotify、音声配信の初心者クリエイター向けにセミナー番組を開始

note株式会社

ポッドキャストにまつわる投稿企画、配信者むけコミュニティも開始


noteは、オーディオ ストリーミングサービス Spotifyとともに音声配信の初心者クリエイター向けにセミナー番組を開始します。

毎月、人気クリエイターが「創作の舞台裏」を語る番組を、note公式YouTubeチャンネルとSpotifyで配信。音声配信の初心者がポッドキャストにまつわるノウハウやエピソードを知り、自分のポッドキャストに活かすことができます。第一弾のゲストは人気ポッドキャスト「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」をお迎えします。

また、noteに番組公式アカウントを開設。番組関連情報を読むことはもちろん、コミュニティ機能であるサークルで音声配信クリエイター同士の交流や悩み相談、情報共有などもおこなうことができます。

セミナー番組の詳細

番組名
「わたしとポッドキャスト -創作の原点-」

配信場所
Spotify

▼イベント配信
YouTube:note公式チャンネル
TikTok:note公式チャンネル
Twitterスペース:note公式(@note_PR

更新頻度
月1回(予定)

出演者
・司会:鳴海淳義(noteディレクター・ポッドキャスト「ドングリFM」主宰)
・各回ゲスト

内容
各回人気のポッドキャストクリエイターをゲストに招き、創作活動の裏側を聞きつくす番組。音声配信に興味がある方からすでに番組を配信している方まで、人気クリエイターの裏話から発信する際のヒントを得られる1時間。

初回放送
2022年2月3日

ゲスト:歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)

<コテンラジオとは>
歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまった歴史GEEK3人と圧倒的歴史弱者がお届けする歴史キュレーションプログラム「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」。学校の授業ではなかなか学べない、国内外の歴史の面白さを学ぶ番組。2020年にJapan Podcast Award 大賞&Spotify賞をW受賞。

放送詳細はこちら

ボタン:イベントに申し込む(参加無料)

2回目放送
2022年3月3日

ゲスト:ゆとりっ娘たちのたわごと(通称:ゆとたわ)

<ゆとたわ とは>
”スタバの隅で繰り広げられるOLの会話を盗み聴きできるポッドキャスト”をコンセプトにした人気番組「ゆとりっ娘たちのたわごと」のおふたりをゲストにお迎えします。


スポティファイジャパン 音声コンテンツ事業統括担当 西ちえこさんコメント

Spotifyは2019年より本格的に音声事業に取り組んでおり、世界中のリスナーに音声コンテンツを届けることに注力してきました。日本でも魅力的なコンテンツの拡充に努め、2022年はさらに充実したクリエイターへの支援を加速しています。今回のnoteさんとの取り組みを通して、一人でも多くのクリエイターが音声コンテンツを意欲的に創作し始め、新たなファンとの繋がりを生むきっかけになれば幸いです。

その他の音声配信にまつわる取り組み

音声配信クリエイター向けコミュニティ
noteでは番組公式アカウントを開設。番組関連情報を読むことはもちろん、コミュニティ機能であるサークル機能で音声配信クリエイター同士の交流や悩み相談、情報共有などもおこなえます。

noteの投稿お題「#わたしとポッドキャスト」
音声配信クリエイターによる自分の番組に関する投稿や、視聴者による番組への感想・好きな番組についての投稿などを募集するお題を開催します。


noteが音声配信を支援する理由

個人が作品を発表し、ファンが購入することで生まれる経済圏「クリエイターエコノミー」が大きくなりつつある今、各種ある創作形式のなかでも音声配信は近年特に人気があります。

デジタル音声広告の市場は英語圏で毎年急成長を続けており、2020年の米デジタル音声広告の媒体収益は、広告費全体が落ち込む中で前年比13%増の30億8,500万ドル(約3,300億円)と成長をしています。※1

また、日本国内においても、1ヶ月に1回以上ポッドキャストを聴くユーザーの割合は14.2%。人口推計では1123万7000人となっており、そのうちの半数近くの47%が1年以内にポッドキャストを使用し始めたユーザーです。※2

noteでは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げ、文章だけでなくあらゆる形式の創作をおこなうクリエイターの支援をしています。noteの投稿機能のひとつにも音声投稿機能があり、テキスト投稿内の埋め込み機能は以下の主要音声配信サービスにも対応中です。

noteで埋め込み対応している音声配信サービス

  • Spotify

  • SoundCloud

  • Voicy

  • REC.

  • omny.fm

  • bandcamp

  • stand.fm

  • audiobook.jp

  • himalaya

  • popIn Wave

※1:デジタル音声広告事業を展開する株式会社オトナルのプレスリリースより
※2:ポッドキャスト国内利用実態調査2020より


noteでは、これからもさまざまな創作形式のクリエイターを支援し、クリエイターエコノミーの発展に貢献してまいります。


この記事が参加している募集

わたしとポッドキャスト

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。