🎧プロサッカー選手を目指し、大学生で家具店の正社員になり、noteに今年新卒入社したエンジニアの話 #notetechtalk
見出し画像

🎧プロサッカー選手を目指し、大学生で家具店の正社員になり、noteに今年新卒入社したエンジニアの話 #notetechtalk

エンジニアリングマネージャーの福井です。

noteのエンジニアがお届けするPodcast「note tech talk」の第3回です。このPodcastは、noteのエンジニアがときにゆるく雑談し、ときには深い技術の話をしていく番組です。

今回のゲストは、インターンから正社員として入社したginjiさんです。エンジニアとしては初となるインターンからの入社事例となります。

大学を卒業したばかりで年齢としての若さはありますが、ginjiさんはすでにnoteとしてかかせない存在です。(お世辞ではありません)

また、ginjiさんは過去に「本気でサッカーのプロを目指していた」ことや、「大学生なのに正社員雇用された経験がある」という変わった経験の持ち主でもあります。私もその人生に興味があり、Podcastで話してみたいと思いました。

今回はそんなginjiさんの小学生から今につながる半生を深堀りしていきたいと思います。

================================
1:12 〜 ginjiさんの紹介
3:05 〜 エンジニアとしてのルーツはジョブズの伝記
7:58 〜 本気でプロサッカー選手を目指していた
13:20 〜 応募ミスで大学に通いながらIKEAの正社員になった話
18:27 〜 noteに来る前に営業と受託の開発をやっていた
23:30 〜 なぜnoteに興味を持った?
25:51 〜 実際に入社してみて感じたこと
26:56 〜 noteに入ってからやっていること
29:42 〜 今後、やっていきたいこと
30:30 〜 リーダーとの関係はどう?
36:05 〜 過去の自分にアドバイスするとしたら
================================

ざっくりあらすじ文字おこし

※ 本編の内容がざっくりわかるように、箇条がきで内容を抜きだしています。あくまで「ざっくり」なので詳しい内容は本編をお聞きください。

■ エンジニアとしてのルーツはジョブズの伝記(3:05)

================================
Q:いつからプログラミングに興味を持った?
A:中学生のときにジョブズの伝記を読んで感動して興味を持った
================================

・小学生のときにすでにパソコンは使っていた

・オーディオファイルなどをいじるのが好きだった。加工して携帯に入れたり。このときはエンジニアという考えはなかった

・中学でビジネス書を読むようになった。クリスマスプレゼントでジョブズの伝記を買ってもらった。

・「ウォズニアックってすげぇな!」と感動し、エンジニアになる道もあるのかなと考えだした

・初めて触ったプログラミング言語はRuby

・掲示板を作って友達と遊んでいた(HerokuなどのSaaSで稼働させていた)

■ 本気でプロサッカー選手を目指していた(7:58〜)

================================
Q:サッカーは親に言われてやっていた?
A:雨で練習が出来ないときは「家の中でボールが蹴りたい!!」と思うくらい打ち込んでいた
================================

・サッカーは保育園から始めた

・名門高校に入学し、本気でプロを目指していた

・雨のときは「家で練習させろ!」と頭がおかしくなるくらい本気で打ち込んでいた

・高校に入ってみて「世の中にはすごい人がいっぱいいる」という現実を痛感した

・高校はサッカーと勉強でいっぱいだった。中学のときほどプログラミングはできなかった

■ 応募ミスで大学に通いながらIKEAの正社員になった(15:18〜)

================================
Q:大学生のときにIKEAの正社員になったという噂を聞いた
A:アルバイトだと思って受けてみたら正社員だった
================================

・大学生のときに家電量販店でバイトをしていて、接客の楽しさを知った

・次は海外の会社で働きたいなと思っていた

・色々と調べてみてIKEAがよさそうだった

・アルバイトかと思って応募したら正社員だった。条件が合っていたので、大学に通いながら働いていた

■ noteに興味を持ってインターンとして入社した理由(23:30〜)

================================
Q:インターンの決め手になったのは?
A:面接をしていくうちにだんだんと「この人達と一緒に働きたい」と感じた
================================

・一番初めにCTOの今さんと面談した

・面接を重ねてエンジニアの人と話すうちに「この人たちと一緒に働きたい」という気持ちが強くなった

・人事の連絡が早かったのも好印象だった。かなり後押しになった

■ 実際に入社してみて感じたこと(25:51〜)

================================
Q:技術的な難しさは感じている?
A:フロントはあまりやってこなかったのでかなり勉強した
================================

・最初はフロントがわからなすぎてものすごく勉強した

・Nuxt.jsのドキュメントはかなり読んだ

・「RailsでAPIを立てて、Nuxt.jsでフロント表示する」ようなアプリを自分で作って全体を理解していった

・まだまだ勉強が足りないけれど、入社前と比べたらできるようにはなった

■ 今はGolangやNext.jsを勉強している(29:42〜)

================================
Q:最近、気になっている技術はある?
A:将来的にマイクロサービス化などもチームで考えているため、Golangを勉強している
================================

・Golangをちょいちょい勉強している

・Golangは型があるので書きやすい。ただ、Railsのアクティブレコードが便利なので、DB側の扱いは難しく感じる

・「いずれマイクロサービスで自動化できたらいいよね」とチームで話している

・フロントはNuxt.jsとNext.jsを勉強している

■ 過去の自分にアドバイスするとしたら?(36:05〜)

================================
Q:過去に自分にアドバイスするとしたら?
A:APIとフロントをわけて開発しておいた方がいい
================================

・APIサーバーとフロントをわけて勉強しておいた方がいい

・DBのことやSQLももっと勉強しておけばよかった。noteはデータ量が多いので特にそれを感じた

・データ量で起きる問題などは、個人サービスの開発では考えが及ばない部分なのを入社して実感した


▼noteを一緒に作りませんか?

▼エンジニアの紹介記事


最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

「スキ」でわたしを元気にしてくれた、あなたもクリエイターの1人です。
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。