メディア掲載情報

【掲載情報】電通テック「BAE」で事業開発の坂本がnote proのお話をしました

ユーザーとのエンゲージメントを高めるメディアプラットフォームの活用法―コンテンツと読者が集う「note」の活況と独自性とは

スクリーンショット 2019-09-18 9.01.24

事業開発の坂本が電通テックの公式メディア「BAE」の取材におこたえしました。

 - 参加や応援がしやすい「街」のようなメディア
 - 販促やPRはもちろん、ブランディングや求人にも活用が可能
 - コミュニケーションツールとしての活用は拡大する

といったお話をしています。ぜひご一読ください。

▼記事はコチラから
https://bae.dentsutec.co.jp/articles/note/


※参考:坂本のインタビュー


note社のヒミツ2:社内にいるLOVOTがたまに迷子になります。
7
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

この記事が入っているマガジン

プレスルーム
プレスルーム
  • 334本

note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/categories/360000051281