note・ソニーミュージック・TikTokで、投稿コンテスト「#2000字のドラマ」を共同開催。採用作品はマンガ化されます!
見出し画像

note・ソニーミュージック・TikTokで、投稿コンテスト「#2000字のドラマ」を共同開催。採用作品はマンガ化されます!

noteは、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、ショートムービープラットフォームTikTokとともに、投稿コンテスト「#2000字のドラマ」(以下、本コンテスト)を共同開催することになりました。本日より、noteで作品の投稿募集を開始します。入賞作品は、原案としてマンガ化も決定しております。

本コンテストは次世代のクリエイターとの出会い、発掘、さらなる展開を目的とした、「書く」を「カタチ」にする3社共同運営プロジェクト「カクカタチ」の第一弾企画です。本コンテストの開催にともない、noteのクリエイターでショートショート作家の田丸雅智さんをお迎えした「物語の発想法」講座を8月12日(木)、19日(木)、26日(木)と3回にわたりオンラインで無料開催いたします。

noteは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」の実現を目指して、クリエイターが創作活動をおこなう機会を提供していきます。

投稿コンテスト「#2000字のドラマ」概要

あなたの中にある物語をカタチにし、多くの人に届けるお手伝いをしたい。そんな思いから、ソニーミュージック、note、TikTokの3社で「書く」をカタチにするプロジェクト「カクカタチ」を立ち上げました。

本コンテストは、カクカタチプロジェクトの第一弾として企画しました。入賞作品を原案に、ソニーミュージックが手掛けるメディアでのマンガ化、またTikTokやInstagramで活躍するマンガ家の方々が自身のアカウントで配信もして世に送り出します。

・コンテストスケジュール
応募期間:2021年7月21日(水)17:00〜9月26日(日)23:59まで
入賞作品発表:2021年10月中旬予定

・募集作品
「#2000字のドラマ」として、2000文字程度で以下の設定にあわせた作品を投稿してください。
設定:若者の日常をテーマに、メインキャラクターは3名でお願いします。

「物語の発想法を学ぶ」オンライン講座

コンテストの開催とあわせて、noteでも人気のショートショート作家の田丸雅智さんによるオンライン講座「物語の発想法を学ぶ」を開催します!物語を書いたことがなくても大丈夫。ユニークな発想法を学んで作品作りに役立ててください。

開催日程:①8月12日(木) ②8月19日(木) ③8月26日(木)
①②は20時~21時、③は20時〜21時30分までの拡大版
視聴方法:noteのYouTubeライブ、TikTok LIVEで無料配信

<田丸雅智さん プロフィール>
1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。現代ショートショートの旗手として執筆活動に加え、坊っちゃん文学賞などにおいて審査員長を務める。また、全国各地で創作講座を開催するなど幅広く活動している。ショートショートの書き方講座の内容は、2020年度から小学4年生の国語教科書(教育出版)に採用。2021年度からは中学1年生の国語教科書(教育出版)に小説作品が掲載。著書に『海色の壜』『おとぎカンパニー』など多数。メディア出演に情熱大陸、SWITCHインタビュー達人達など多数。
公式サイト / note

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
ソニーミュージックグループのヘッドクォーターとして、株式保有によるグループ全社の経営・管理を行なうとともに、総合エンタテインメントカンパニーとして多角的にビジネスを展開。マーケティング、タイアップ、アーティスト・タレント・クリエイターの発掘・育成、海外事業推進に加え、デジタルコンテンツ事業、ライブエンタテインメント事業、音楽ストリーミング事業、スポーツエンタテインメント事業等、新たなエンタテインメントビジネスの創出にチャレンジしています。

TikTok
TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。TikTokには、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。

この記事が参加している募集

#2000字のドラマ

3,644件

締切:

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

「スキ」でわたしを元気にしてくれた、あなたもクリエイターの1人です。
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。