見出し画像

noteはRubyKaigi 2022にRubyスポンサーで協賛します

note株式会社

note株式会社は、2022年9月8日(木)〜10日(土)に開催されるRubyKaigiにRubyスポンサーで協賛をします。noteは2014年のサービス開始当初から、プログラミング言語Rubyで開発をしてきました。Rubyの国際的カンファレンスをスポンサーとして支援することで、コミュニティの発展を後押ししていきます。

RubyKaigi 2022概要

RubyKaigiは、日本発祥のプログラミング言語Rubyに関する国内最大級の国際イベントです。国内外から数多くの著名エンジニアが参加して、最先端の技術共有、会場でのさまざまな催しも行われます。

●公式サイト:https://rubykaigi.org/2022/
●公式Twitter:https://twitter.com/rubykaigi
●日時:2022年9月8日(木)〜10日(土)
●場所:三重県総合文化センター および オンライン

お題企画「#RubyKaigi」を開催

RubyKaigiを盛り上げるために、イベントの公式お題として「#RubyKaigi」を実施します。詳細は、以下の記事をご覧ください。

noteがRubyKaigiに協賛する背景

noteは2014年のサービス開始からRuby及びRuby on Railsを用いて開発を行ってきました。現在でも、バックエンド開発の大部分をRubyが占めており、国内でも数少ない大規模なRubyサービスになりました。2021年には『Ruby biz Grand prix』でDigital Media賞を受賞しています。

参考:受賞時のプレスリリース

RubyはOSSコミュニティが活発でライブラリが豊富であり、誰でも手軽に書き始められる魅力があります。noteの急成長は、Rubyの書きやすさと柔軟性に支えられてきました。

大規模プラットフォームになった今でも、Rubyのおかげで開発当初と変わらぬ開発速度を保てています。入社1週間以内のエンジニアがリリースすることも珍しくありません。noteのバリューの1つである「すばやく試そう」の体現を下支えしています。

noteはRubyでの開発を続けてきたことで、2022年4月には会員数が500万人を突破し、クリエイターの作品数は2,400万件を越えました。投稿された作品からは、数多くの書籍や映像も誕生しました。

Rubyコミュニティに支えられてきたnoteだからこそ、コミュニティを支援して後押しする側に回りたいと考え、2022年はRubyKaigiにRubyスポンサーで協賛します。

今後もnoteはエンジニアコミュニティの支援に力を入れていきます。

最高技術責任者CTO 今 雄一コメント

noteはサービス開始からRubyを用いて開発を続けてきました。すばやいリリースを実現するにあたって、シンプルかつ直感的に扱えるスクリプト言語としてのRubyには幾度も助けられてきました。

また、Rubyは多くの企業で利用されていることもあり、ライブラリの整備や知見の共有が活発に行われています。強固なコミュニティが形成され、情報が流動的であることもRubyの魅力でしょう。

Rubyコミュニティの循環をさらに支援するために、noteはRubyKaigi 2022にスポンサーさせていただく運びとなりました。今回に限らず、今後もRuby及びRubyコミュニティの発展に寄与していきたいと思っています。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。