note株式会社
note、CDOに宇野 雄が就任
見出し画像

note、CDOに宇野 雄が就任

note株式会社

note株式会社は、ヤフー株式会社やクックパッド株式会社でデザイン責任者を務めた宇野雄がCDO(Chief Design Officer)に就任したことをお知らせします。noteの重点領域であるデザイン、テクノロジー、クリエイティブのうちデザイン領域をさらに強化することでプロダクトと組織の成長を加速させます。

また、就任に際して2月22日(火)にデザイン組織について考えるイベント「CXO・CDO超会議 #教えてデザイン 」を開催します。

就任の背景

note株式会社は、2011年に編集者の加藤貞顕が会社を立ち上げ、その後ディー・エヌ・エー出身の今雄一がCTOに就任。2017年にCXOとしてUI/UXデザイナーの深津貴之を迎え、それぞれの領域でプロダクトの開発やカイゼンを推進してきました。その結果、noteから約1500万件の作品が誕生し、会員数は380万人にまでのぼります(2021年3月時点)。

これまで、CXOの深津が会社全体のUXを担う一部としてデザインも管轄していましたが、さらにプロダクトや組織の成長を加速させるため、経営メンバーにデザインの専任ポジションを設置。ヤフー株式会社やクックパッド株式会社でデザインの責任者を歴任してきた宇野をCDOにむかえ、プロダクトデザインからデザイン組織の成長、会社全体のデザインスキルアップなどを推進します。

宇野 雄 コメント

デザインは、人と人とをつないだり、感動を伝えたり、行動を促したり、様々な場面で利用できる可能性にあふれています。

noteは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」プラットフォームであり、デザインの力を発揮する最高の舞台だと感じています。

事業はもちろんのこと、それを作る社員や会社もデザインの力で後押ししていきたいと考えています。

宇野 雄(うの ゆう)プロフィール
制作会社やソーシャルゲーム会社勤務の後、ヤフー株式会社へ入社。Yahoo!ニュースやYahoo!検索などのデザイン部長を歴任し、その後クックパッド株式会社でVP of Design/デザイン戦略本部長を務める。2022年2月よりnote株式会社 CDOに就任。東京都デジタルサービスフェローの他、数社でデザイン顧問/フェローも請け負う。著書に『はじめてのUIデザイン(PEAKS)』『フラットデザインで考える 新しいUIデザインのセオリー(技術評論社)』など。

経営体制

  • 代表取締役CEO 加藤 貞顕

  • 取締役CTO 今 雄一

  • 取締役CFO 鹿島 幸裕

  • 執行役員 坂本 洋史

  • CXO 深津 貴之

  • 経営管理 吉島 彰宏

  • CDO 宇野 雄(新任)

経営メンバーの詳しいプロフィールは、下記をご覧ください。


デザイン組織を考えるイベント「CXO・CDO超会議 #教えてデザイン 」開催決定

noteでは、デザイナーが気になる業界の動向や、デザインの学びにつながる知見を発信する一般公開イベントを開催してきました。2021年12月には、無料公開が話題となった富士通のデザイン思考のテキストブック「Transformation by Design」について、ご担当の方を招いたイベントを開催し多くの方にご覧いただきました。イベントレポート・アーカイブ映像はこちら

今後、CDOの参画によりデザインの考え方に関する対外的な発信も強化していきます。2月22日には、デザインアンドライフ株式会社の池田 拓司さん、dely株式会社 CXO 坪田 朋さんをお招きし、noteのCXO深津、CDO宇野とともに、デザイン組織にまつわるオンラインイベントを開催します。

イベント概要

名称:CXO・CDO超会議 #教えてデザイン〜グロースからキャリアまで! みんなの悩みをズバッと解決!〜
開催日時:2022年2月22日(火)19:00〜20:30
配信場所:YouTubeライブ、Twitterスペース

登壇者

  • デザインアンドライフ株式会社 代表取締役 デザイナー / 株式会社くふうカンパニー 執行役 池田 拓司

  • 株式会社Basecamp 代表取締役 / dely株式会社 CXO 坪田 朋

  • note株式会社 CXO 深津 貴之

  • note株式会社 CDO 宇野 雄

詳細・お申し込みは以下をご覧ください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社は、2011年12月8日に生まれました。
note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。