cakesで話題のマンガが書籍化!『ひぐらし日記』が2月2日に発売
見出し画像

cakesで話題のマンガが書籍化!『ひぐらし日記』が2月2日に発売

note株式会社

note株式会社が運営するコンテンツ配信サイトcakesで連載中の日暮えむさんのマンガ「新ひぐらし日記」が『ひぐらし日記』としてKADOKAWAから2月2日(水)に発売されます。本作品は、幻冬舎×テレビ東京×note「コミックエッセイ大賞 」で審査員特別賞を受賞したことでcakesでの連載がスタート。日暮さんが40年以上に渡って詳細に付けた日記をもとに、過ぎ去った時代のどんな人にもあった普通の生活を描いたノスタルジックな一冊です。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『ひぐらし日記』

いつも見守ってくれていたひいおばあちゃんと私の心温まるコミックエッセイ

cakesで話題沸騰のコミックエッセイが、「ひぐらし日記」として待望の書籍化!

とある田舎生まれの著者が、日記の記録と記憶をもとにたどる、昭和感あふれるノスタルジックコミックエッセイ。

曾祖母である「としょさん」との想い出は、やさしい日々のかけら。誰しもが持っている、心の中のキラキラとした宝箱のよう。

著者・日暮えむさん
利根川沿いの田園風景広がる村に生まれ育つ。小3の時、担任の先生からすすめられて日記を書きはじめ、以来1日も欠かさず書いてきた。その日記をもとに、昭和平成令和へとまたがるエッセイ漫画「新ひぐらし日記」を執筆。商業媒体ではじめての作品。
noteTwitter

著者・日暮えむさんのコメント

私が noteを始めたきっかけは、何気なく見ていたツイッターで、どなたかが「noteでコミックエッセイ大賞やるってよ」とつぶやいていた一言からでした。その賞の審査員に大好きなけらえいこ先生がいらっしゃったのも大きな理由です。今まで描きためていたエッセイ漫画を投稿すると、幸いにも審査員特別賞を受賞することができました。

そして cakesで『新ひぐらし日記』の連載をさせて頂くことになりました。

その連載を読んで下さっていた地元成田市役所さんからのご縁で、KADOKAWAさんからお声掛け頂き、この度『ひぐらし日記』の書籍化が決定しました。

子供の頃から思い描いていた夢が叶ったばかりでなく、帯を憧れのけらえいこ先生が書いて下さることになりました。本当にありがたいことで、胸がいっぱいになりました。

もうひとかた、御礼を申し上げたいのは、私が小3の時に担任だった先生です。

先生に日記を書くことを勧められて、今日まで40年以上書いてきた日記が私のエッセイ漫画の元となっています。

これからも感謝の気持ちを忘れずに、伝えたいことを描き続けて、残していきたいと思います。

書誌情報

ひぐらし日記書影

書名:ひぐらし日記   
著者:日暮えむ          
発行:KADOKAWA     
定価:1,210円 
ISBN-10: 4041122244  
ISBN-13:978-4041122242 
判型:A5判 
頁数:176頁

クリエイターの活躍の場を広げる取り組み

noteでは、クリエイターが活躍する場を広げるための取り組みを行っています。具体的には、noteで話題のクリエイターをメディアパートナーに紹介し、出版や連載につなげる「クリエイター支援プログラム」や、作品の露出機会を増やすことを目指した企画やイベントの実施、クリエイターがスキルや実績を表明することで、仕事の発注をスムーズに行いやすくなる仕事依頼タブ機能などです。

さまざまな施策を通して、noteがクリエイターの本拠地になることを目指しています。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

ありがとうございます。日常の小さな工夫も、すべてがクリエイティブ!
note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。