プレスルーム

567

【共同主催】11月11日、オンラインイベント『プロダクトマネジメント最前線』にnote・CEO加藤とnote・PdM石坂が登壇します #PdM最前線

11月11日(木)19時半からnoteとUbieが共同主催する『プロダクトマネジメント最前線』にnote・CEO加藤とnote・PdM石坂が登壇します。 プロダクトマネジメント最前線 ‐ToCプラットフォームのPdMとは?‐ toCスタートアップのプロダクトマネジメントについて、note&Ubieの代表とPdMが語ります。 第一部では、プロダクトに並々ならぬ思い入れを注ぎつつも、現在はメンバーにプロダクトマネジメントを任せている両社の代表から、「理想のPdM」についてお話

スキ
18

note社員の登壇情報まとめ(2021年11月)

この記事では、2021年11月にnoteの社員が登壇するイベント情報をまとめています。参加者受付中のものもありますので、興味がある方はイベントの公式ページをご覧の上、ぜひご参加ください。 ※勉強会やイベントへのお声がけ、ありがとうございます! noteマーケティング 高越(note/Twitter) Z世代にどう届ける!?採用広報を成功に導くデジタルコンテンツの活用法 日時 2021年11月10日(水)14:00-15:00 参加方法 無料。イベントページから申し込みく

スキ
16
+1

noteで連載されたマーケティング・パターンが書籍化!『マーケター1年目の教科書』10月21日に発売

noteで栗原康太さんと黒澤友貴さんが書いたマガジン「旧マーケティング7.0」が、『マーケター1年目の教科書』としてフォレスト出版から10月21日(木)に発売されました。栗原さんと黒澤さんは、成果を出しているマーケターに共通している思考と行動パターンを体系化してnoteで発信。noteで公開された100の型を50にまとめ、それぞれに事例をつけた形で書籍化されました。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみなさん

スキ
456
+1

長村禎庸さんのnoteが書籍化!『急成長を導くマネージャーの型』が11月13日に発売

noteで株式会社EVeM代表取締役の長村禎庸さんが書いた記事が『急成長を導くマネージャーの型 地位・権力が通用しない時代の“イーブン”なマネジメント』として技術評論社から11月13日(土)に発売されます。長村さんは、ベンチャー企業におけるマネージャー教育に特化したマニュアルをnoteで発信。本書は、組織を強くしたい人、マネジメントに悩んでいる人に役立つ一冊です。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみなさんの

スキ
244
+2

好きな本でつながろう。読書感想投稿コンテスト「#読書の秋2021」を19の出版社とnoteで合同開催します。

読書感想を募る投稿コンテスト「#読書の秋2021」を今年も開催します! 最近読んだおもしろい本、あのひとに読んでもらいたい1冊、作者へのファンレターなど、自分の好きな本についてnoteに投稿してください。文章はもちろん、マンガや写真、動画など形式は自由です。 今回、19の出版社に「課題図書」を合計84冊選んでいただきました。課題図書についての投稿は各出版社の編集者や著者が読み、優秀作品には図書カードやオリジナルグッズなど、各社が用意した賞品が贈られます。課題図書以外の本の感

スキ
1,122
+1

noteで人気の文筆家・牧村朝子さんの新刊『ふつうにふつうのふりしたあとで、「普通」をめぐる35の対話』が10月21日に発売されます

noteで人気の文筆家・牧村朝子さんがcakesで連載中の「ハッピーエンドに殺されない」が、双葉社より『ふつうにふつうのふりしたあとで、「普通」をめぐる35の対話』として、10月21日(木)に発売されます。cakesに掲載された35話を大幅に加筆修正し、また書籍でしか読めない書き下ろしも収録しています。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。 『ふつうにふつうのふりしたあ

スキ
397
+1

菅新汰さんのnoteが書籍化!『パワポdeデザイン PowerPointっぽさを脱却する新しいアイデア』が10月20日に発売

noteでプレゼン製作所クリエイター・菅新汰さんが投稿したPowerPointについての記事が、『パワポdeデザイン PowerPointっぽさを脱却する新しいアイデア』としてインプレスから10月20日(水)に発売されます。菅さんはPowerPointのあまり知られていないすごさを伝えるためにnoteで発信。従来のパワポっぽさを脱却したおしゃれな表現方法を学べる一冊です。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみ

スキ
437
+8

視聴者参加型オンラインイベント「note CREATOR FESTIVAL」2021年開催報告!noteの公式YouTubeで見逃し配信を公開

noteは、2021年10月15日(金)〜17日(日)の3日連続で、”創作”の輪を広げる祭典「note CREATOR FESTIVAL(以下、noteフェス)」を開催しました。noteフェスは今年で2回目の開催です。 オンライン開催でも視聴者がnoteフェスのコンセプト「つくると、つながる!」を体感できるように「投稿企画」「体験型プログラム」「公式レポーター募集」の取り組みを実施しました。見逃し配信をnoteの公式YouTubeで公開しています。 note CREATO

スキ
62

受賞作品の書籍化・映像化を目指す「note創作大賞」初開催が決定!KADOKAWA・幻冬舎・ダイヤモンド社・テレビ東京と、クリエイターの才能を発掘します

noteは、オールジャンルの作品を対象とする「note創作大賞」の開催を決定しました。KADOKAWA・幻冬舎・ダイヤモンド社・テレビ東京の4社からの協力を得て、クリエイターの才能の発掘に取り組みます。受賞作品は書籍化・映像化に向けて、noteがサポートしながら協力企業との打ち合わせを行ないます。 note創作大賞は、11月15日(月)スタートです。じっくり作品を育みながら、開催をお待ちください。 note創作大賞開催の背景これまで、出版社をはじめ、さまざまな団体が開催す

スキ
562

【掲載情報】10/15(金)の読売新聞朝刊でnoteが紹介されました

10月15日(金)の読売新聞朝刊で、「ノンフィクション作品の新たな発表の場」としてnoteが紹介されました。 「冬の時代」の出版ノンフィクション、新タイプの書き手続々…専門サイトもWebでもお読みいただけます。※途中から会員限定

スキ
35