マガジンのカバー画像

プレスルーム

636
note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/ca もっと読む
運営しているクリエイター

2020年7月の記事一覧

note社員の登壇情報まとめ(2020年8月)

このnoteでは、2020年8月にnoteの社員が登壇するイベント情報をまとめています。参加者受付中のものもありますので、興味がある方はイベントの公式ページをご覧の上、ぜひご参加ください。 ※勉強会やイベントへのお声がけ、ありがとうございます! noteプロデューサー 最所 (note:@qzqrnl/Twitter:@qzqrnl)【ライブ配信】りゅうちぇるさん、最所あさみさん、犬山紙子さんと話そう、これからの暮らし。 日時 8月2日(日)14:00〜14:45 参加

スキ
15

2020年7月にcakesの新連載が4本スタート! 第一話はすべて無料公開中です。

コンテンツ配信サイトcakesで、cakes編集部が担当するオリジナル連載が2020年7月に4本スタートしました。noteで話題になった企画、noteで開催したコンテスト入賞作品など、連載のきっかけはさまざまです。各連載の第一話はすべて無料で公開されています。 ギャグマンガ、著名人の対談、ラブホテルレビュー、コミックエッセイと幅ひろいジャンルのコンテンツをお楽しみください。また連載の書籍化を希望する出版社も募集中です。 すごく毛深い女子高生の話 17歳の毛木(もぎ)あかり

スキ
25

noteクリエイター支援プログラムにwithnews、河出書房新社、ダイヤモンド・オンライン、宝島社はじめ9パートナーが参画。 合計69パートナーになりました。

noteは、noteクリエイター支援プログラムのパートナーシップをアルク、いろは出版、withnews、河出書房新社、玄光社、祥伝社、ダイヤモンド・オンライン、DIAMOND SIGNAL、宝島社(50音順、敬称略)と新たに締結しました。 noteのクリエイターが活躍する場を広げる支援を目的に、2018年4月からはじまった本プログラムのパートナーは合計69に広がりました。さまざまな強みを持つパートナーとともに、創作を続けやすい環境づくりをしていきます。 noteクリエイタ

スキ
65

noteで反響を呼んだ未来予測『人類2.0 アフターコロナの生き方』が8月6日に発売!

noteで株式会社bajji CEOの小林慎和さんが投稿した、アフターコロナの未来予想「アフターコロナ世界はどう変わるのか、9つの視点」が書籍化。プレジデント社から8月6日に『人類2.0 アフターコロナの生き方』として発売されます。2020年4月に投稿され、新型コロナ流行後の世界をビジネスや人間関係などの観点から考察したnoteは約25万PVを記録。本書はnoteの内容を元に加筆・構成されたものです。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnot

スキ
362

バイク川崎バイクさんがnoteで書いたショートショートが書籍化。『BKBショートショート小説集 電話をしてるふり』が8月12日に発売!

noteでピン芸人・バイク川崎バイク(BKB)さんが投稿したショートショートが、ヨシモトブックスから8月12日に『BKBショートショート小説集 電話をしてるふり』として発売されます。noteに投稿された作品を厳選し、さらに書き下ろし5作を加えた全50作品を収録しました。 バイク川崎バイクさんは新型コロナによる外出自粛を機に、2020年4月8日から毎日8時19分(バイク)にショートショートを投稿。おおきな反響を受け、わずか3ヶ月で書籍化が決定しました。表題作は作家・岸田奈美さ

スキ
509

自社サービスをnoteの記事へ埋め込めるようになりました!

noteの記事にサービスを埋め込むための開発ガイドラインを7月29日に公開しました。これにより、クリエイターにとっては表現の幅が広がり、埋め込みの対応をされるサービス運営者にとっては自社サービス活用の幅が広がります。 第1弾として、音声配信ソーシャルアプリ「REC.」に対応いただきました。noteは、ほかのサービスとも協力しながら、より自由な創作の場へと発展させていきます。 ※埋め込みいただけるのは、開発ガイドラインや利用規約に沿ったサービスにかぎります。 開発ガイドラ

スキ
53

noteで連載してきたななうみさんの記事が書籍化。『誰でもつくれる!UIデザイン入門~機能するUIの基本と実践~』 7月30日発売!

noteでのななうみさんの連載が書籍化され、『誰でもつくれる!UIデザイン入門 ~機能するUIの基本と実践~』としてマイナビ出版から7月30日に発売されます。本書はnoteでの連載「機能するUIを作れるようになる本」に加筆修正を行ない、書き下ろしも新たに加え構成されました。UIデザインについて要素分解して学ぶことができ、機能的なUIを作るためのポイントを細かく理解できる一冊です。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエ

スキ
401

cakesの2020年上半期、人気記事を発表! トップ30記事は、7月30日まで無料公開します

コンテンツ配信サイトcakes(ケイクス)は、2020年上半期(1月〜6月)までのトップ30の人気記事を発表しました。cakesの記事は通常有料(1週間150円、1ヶ月500円)で購読できますが、トップ30に入った記事を本日から1週間(7月30日10時まで)限定で無料公開いたします。一部の連載は書籍化を希望する出版社も募集しています。 2020年上半期、cakesでもっとも読まれた記事【BEST 30】 第1位:幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。(幡野広志) 第2位:左

スキ
35

リアル×オンラインの融合で”創作”の輪を広げる祭典 「note CREATOR FESTIVAL」を9/2-9/5で初開催!#noteフェス

2020年9月2日(水)〜5日(土)の4日連続で、リアル×オンラインの融合で”創作”の輪を広げる祭典「note CREATOR FESTIVAL」を初開催します。 スポーツ・音楽・マンガ・文章・料理・教育・テクノロジーなど幅広いジャンルごとに、第一線の活躍をしているみなさんと、コロナ禍で制限を余儀なくされた創作の魅力をわかちあいます。6月にオープンしたイベントスペース・note placeとオンライン配信の両方を活用した、だれもが楽しめる参加型のイベントです。 本イベント

スキ
768

編集者・竹村俊助さんの人気マガジン「WORDSの文章教室」が書籍化。初の著書『書くのがしんどい』7月30日発売!

noteで竹村俊助さんが連載している人気マガジン「WORDSの文章教室」がついに書籍化され、7月30日にPHP研究所から『書くのがしんどい』が発売されます。文章ライティングや資料作成からSNS・プロモーションまで応用できるメソッドを大公開します。本書は、連載内容の加筆修正、大幅に書き下ろしも加え構成されています。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。 『書くのがしんどい

スキ
689

noteで話題を呼んだ『だから、もう眠らせてほしい』が晶文社から7月14日に発売!

メディアプラットフォームnoteで医師・西智弘さんが連載したノンフィクションノベル「だから、もう眠らせてほしい」が、晶文社から7月14日に同名書籍として発売されます。本連載は2020年1月、書籍化に向けたチャレンジを宣言してスタート。日本ではなじみの薄い「安楽死」をテーマにした記事は、おおきな反響を集めました。本書はnoteの連載内容へ大幅に加筆修正、新たに書きおろしも加えて構成されています。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、こ

スキ
627

cakesの人気連載、スイスイさんの「メンヘラ・ハッピー・ホーム」がついに書籍化。 『すべての女子はメンヘラである』8月6日発売!

cakesの人気連載「メンヘラ・ハッピー・ホーム」がついに書籍化され、『すべての女子はメンヘラである』として8月6日に飛鳥新社から発売されます。本連載は、noteが主催した「第一回cakesクリエイターコンテスト」で著者のスイスイさんが入選したことをきっかけにはじまりました。本書では連載内容を再編集、書き下ろしも加えています。また書籍化にあわせて、最終回を迎えていた「メンヘラ・ハッピー・ホーム」の最新作が1年ぶりにcakesに掲載されます。 「だれもが創作をはじめ、続けられ

スキ
430

【掲載情報】朝日新聞に「note急成長、多様な表現の場」として紹介されました。

note急成長、多様な表現の場 文章・イラスト・音楽を投稿できるネットサービス  文章を中心に、イラストや音楽なども投稿できるインターネットサービス「note」が急成長している。コンテンツの有料販売もできるなど自由度が高く、作家からサラリーマン、学生まで様々な人が作品を発表し、反響が大きく広がる事例も。紙での出版、ネットでのブログ発信などに代わる新たな創作の場となりつつある。(記事より) 詳細は、以下の記事リンクよりご覧ください。 今回、取材に協力いただいた吉本ばななさん

スキ
46

【掲載情報】日経クロストレンドに、noteの法人活用やサークル機能が紹介されました。

noteがコミュニティー構築⽀援参⼊へ オウンドメディア新潮流 コンテンツ配信プラットフォームの「note」を運営するnote(東京・港)が、企業コミュニティー構築サービスに参入する。新サービス開始を視野に、2020年4月から新たな機能の試験運用を開始したことが日経クロストレンドの取材で分かった。noteは20年5月に月間利用者数(MAU)が6300万人に達した。企業のマーケティング活用がさらに加速しそうだ。(記事より) 詳細は、以下の記事リンクよりご覧ください。 ※記事

スキ
29