プレスルーム

513
週刊ダイヤモンドに弊社代表・加藤が寄稿しました

週刊ダイヤモンドに弊社代表・加藤が寄稿しました

「『活字離れ』とよく言われますが、現代は、歴史上、最も活字が消費されている時代です。Facebook、ツイッター、ブログ、LINE、はてなブックマークに加え、ニュースやメールもチェック。これらは、すべて『活字』です」 週刊ダイヤモンド12月22日号(本文より抜粋)

『編集会議』でケイクスが紹介されました

『編集会議』でケイクスが紹介されました

「出版社や編集者にもcakesを提案しています。雑誌、メルマガなどですでに掲載された記事や連載を切り売りすることで宣伝・マネタイズの場として利用できることもできれば、新刊書籍が出るタイミングに著者の過去のシリーズなどをインタビュー付きの連載企画として再提案することもできます」 『編集会議』2012年秋号(本文より抜粋)

朝日新聞でケイクスが紹介されました

朝日新聞でケイクスが紹介されました

「ネット上では、人間の集中力は続かないものです。飽きたらすぐに別のサイトに移動できるからでしょう。だから、コンテンツは短くて、軽いものが中心です。(中略)でも、インターネットはようやくインフラの整備が終った段階です。これからはコンテンツの時代、と信じています」 朝日新聞2012年11月3日朝刊(本文より抜粋)

産経新聞でケイクスが紹介されました

産経新聞でケイクスが紹介されました

WEB版URLはこちら http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121129-00000501-san-soci 「博報堂DYメディアパートナーズの森永真弓・上席研究員は「ブロガーの中で専門性の高い人や人気のある人は有料メルマガや勉強会の開催などで安定した収入を得ることができたが、日常の話題を書くような人には難しかった。こうした雑誌的な『抱き合わせ』のインフラを利用できれば、安定的な収入源になるのでは」とみる。」 産経新聞11月29日朝刊(本