noteのみんな

387

noteのコンテストが私の「書きたい」に陽差しをあたえる

11月のある日、noteから通知が届いた。 「noteをはじめて1周年記念!」 連続更新にも無縁な私は、noteをはじめた日も続いている日数も意識にはなく、通知を見てはじめて「おお、そうなのか」と思った。 一年前、私は何をしていたのだっけ? 広報として文章を書くことに満足していた 一年前の11月…