noteのみんな

387

“noteさん”ってどんな人?人格イメージをすり合わせるためのワークショップをしました

「noteっぽいね」「note らしくないよね」という社内での会話、よく耳にしませんか? note社では社員数も毎月どんどん増え、noteらしさのイメージがひとによって少し違ったり、つかみきれずに迷うこともあると思います。 そんなときに便利なのが人格を設定すること。 「この人なら、こういう言い方…

すばやく試そう!noteフェスの裏側で繰り広げられたすごいカイゼン3選

9/2〜9/5の4日にわたり開催された、創作の祭典「note CREATOR FESTIVAL」(通称noteフェス)。配信映像は累計29万回以上再生されるなど、みなさまのおかげでとても盛り上がりました。 私・PRチームの武田はツイート担当としてnoteフェスのチームメンバーに加わったのですが、その裏側では配信の最後の…

偏愛と信念でnoteを広める。カテゴリーディレクターたちの素顔

スポーツ、ゲーム、教育、音楽、マンガ・アニメ、アートなどなど、noteにはさまざまなカテゴリがあります。そのなかの一部カテゴリに専門特化し、関連するクリエイターと向き合い活性化していくポジション。それが、2020年に新設されたばかりのカテゴリーディレクターという職種です。 今回の #noteの

iOSDC Japan 2020 で登壇してきました

Zapier を使った note の iOS 開発の自動化についてお話させていただきました。 スライドはこちら。 この登壇後、本も購入された方がいて嬉しい限りです。 ありがとうございます 🙏 初の iOSDC 参加かつ初オンラインカンファレンスでドキドキしましたがたのしかったです。 登壇時間は Discord の Vo…

Catalystに対応したアプリをリリースするまでのリジェクト集をiOSDC Japan 2020で発表し…

 今朝の10:50から20分登壇がありましたが、16:50からLTも登壇してきました。 CfPはこちら。 iOSでリリースしていたアプリをCatalystでmacOSに配信しようとすると様々な障壁がありましたが、その中でも苦労したのがリジェクトの対応です。その内容について紹介しようとすると、そもそもリジェクト内…

クリエイター同士の出会いが生まれる「note place」ができるまで

noteは、創作を続けるためにクリエイター同士の出会いが生まれる場所として「note place」を6月16日に開設しました。しかし、新型コロナウイルスの影響で、まだほとんどの方に直接お越しいただけないのが現状です。 noteのオフィスと同じように合わせて白で統一された空間で、どこかnoteのサービスら…

照らす側の人生を極めるべくnoteに入社しました。

はじめまして。 9月1日よりnoteに入社し事業開発のセクションに携わることになりました。 簡単に自己紹介させてください。 1、これまで何をしてきたか 2、照らす側の人生? 3、これから何をするのか これまで何をしてきたか 新卒から6年間は広告代理店でアカウントプランナーをやっていました。 い…

「サーバーレスで始める ゆるふわデータ基盤 - noteの事例 -」というタイトルで登壇しま…

2020/09/12 JAWS SONIC 2020 & MIDNIGHT JAWS 2020にて 「サーバーレスで始めるゆるふわデータ基盤- noteの事例 -」 というタイトルでnoteにおけるデータ基盤の事例をお話しました。 スタッフの皆様、ご視聴いただいた皆様ありがとう…

「君の司会はつまらない」と言われたわたしは、noteフェスで台本を用意するのをやめた。

noteフェス、終了しました。つい先日まで準備に奔走していたのに、もう終わってから5日も経ってしまっていました。 終わったあとの達成感とか、高揚感とか、関わってくれたみなさんへの感謝とか、ぶわーっとめぐっていた気持ちは落ち着いて、いまは「振り返りと反省をして、次のイベントをさらに進化…

noteが進むべき方角へと導く。プロジェクトマネージャーの仕事観

「このひとのおかげで、成長とともに複雑化しかけていたnoteの開発が整理できた」 「開発プロジェクトのゴールが明確になったので、新メンバーが加入してもイメージのズレをうまなくなった」 note社内のエンジニアやデザイナー、事業開発からこのように評されるのが、2020年4月入社のプロジェクトマネ…